粉薬の飲ませ方

お薬と食品の相性

小さいお子様にお薬をのんでいただく時、とても困ることがありますね。

口をアーンと開けて水でゴクンとのんでくれると、すごく助かりますが、なかなかそうはいきません。

お薬をのむ時間が、親子ともに苦痛な時間になることもしばしば。。。

 

そこでお子様にお薬をのんでもらおうと手を変え品を変え悪戦苦闘されているお母さんもたくさんいらっしゃると思います。

 

お薬がまずくてのんでくれない場合もありますし、病気で機嫌が悪くてのんでくれない場合もあります。さらに、ただただお薬が苦手という場合もあるでしょう。

 

いずれにしても病気を早く治すには、お薬をのむことはとても大切なことです。

 

いろんな方法があるとは思いますが、ここでは、お薬(粉薬)を何かに混ぜてのんでいただく方法をお知らせします。

 

その他の方法は、こちら


お薬をのむ時に混ぜるのは、まずは水が一番!!

お薬(粉薬)をのんだり混ぜたりするのに最も適しているのは水です。

お子様用のお薬、特に粉薬には、のみやすくするために甘みをつけたり、苦いお薬をコーティングして苦みをできるだけ感じにくくするための工夫がされています。

 

ですので、まずは少量の水に混ぜて飲ませて頂くことをお勧めします。

 

特に、最初が肝心です。

 

お子様のことを思って、最初にミルクやその他の甘い食品に混ぜてしまうと、ある程度大きくなられてもその習慣が抜けず毎回何か食品に混ぜないといけなくなる可能性があります。

 

水に混ぜてのんでくれるようなら、そのまま続けた方がよいでしょう。

とはいうものの、

「どのくらいの水に混ぜたらいいの?」

「混ぜた後、子供の口にはどうやって入れればいいの?」

 

という質問もよくいただきます。

 

ここでは、一般的な方法を掲載しますが、他の方法でのんでくれているのならそのままで何も問題はありません。


水でダメなら他の食品と混ぜてみましょう

水に混ぜてもうまく飲めないときは、一般的には次の食品と混ぜるとのみやすくなります。

ただし、お薬の中には、余計に飲みにくくなるものもあるので注意が必要です。

 

お薬と食品の相性についてはこちらからご確認ください。

 

また、お薬をのむためのゼリーなどもあります。

いろいろな食品に混ぜてもなかなかのんでくれない場合、試してみられてもいいかもしれません。

くるみ薬局では、「おくすり飲めたね」をお取扱しています。

 

 


Loading