吸入治療薬の使い方

吸入治療薬は、喘息の治療はもちろん、風邪の後の長引く咳やのどの炎症を鎮める目的で最近よく使われています。また、インフルエンザの治療薬にも吸入のお薬があります。これらのお薬は、のどから気管支にかけての限定した場所にしか薬が届かないため、全身に副作用が起こる可能性は低く、咳のもとになっている炎症やインフルエンザウイルスの繁殖している部分に直接届いて十分な効果を発揮してくれる非常に優れたお薬です。

 

ただ、飲み薬と違って、使い方を間違えると薬の効き目が落ちてしまい、病気が治らないということになりかねません。

 

吸入治療薬は今後も幅広く使われると思いますので、使用したことのある方も現在使用中の方も、まだ使ったことがない方もこちらのページで確認してください。

 

長期間使用している方でも、自己流になってしまい、効き目が落ちる使い方になっている場合もあるので要注意です。

 

使い方が分からなかったり、忘れてしまったり、正しいかどうか不安があるときは、くるみ薬局の薬剤師にいつでも確認してください。


ADOBE READERは

  こちらからダウンロードできます。

吸入治療薬とその使用法

薬品名をクリックするとその薬にジャンプします。

パルミコート
シムビコート
アドエアディスカス
リレンザ
イナビル



パルミコート(シムビコート)タービュヘイラー

○パルミコート


喘息や長引く咳によく用いられる吸入薬です。

現在起こっている発作を抑えることはできませんので、医師の指示通り定期的に使用してください。

 

ただし、咳が出ている期間だけ使用するよう指示される場合もありますので、不明な時は処方された医師か、お薬をもらった薬局の薬剤師さんに確認してください。

 

「ブデソニド」というステロイドで、吸入することで空気の通り道の腫れたところに届いて炎症を鎮め、咳の出にくい状態にしてくれます。ステロイドですが、全身への影響は少なく、お子様や妊婦、授乳婦の方でも使用されることが多い吸入薬です。

ダウンロード
パルミコートの吸入説明用シート
パルミコートの説明文書です。
無くしてしまった方は、こちらからダウンロードして確認してください。
File.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.6 MB

パルミコートの吸入方法の動画(You Tube)

使用の前準備

吸入方法解説

○シムビコート


喘息や長引く咳に用いられる吸入薬です。

シムビコートは、パルミコートの成分である「ブデソニド」に「フマル酸ホルモテロール」という成分を配合したもので、空気の通り道である気道や気管の炎症を鎮めるとともに、気管を拡げ呼吸をしやすくしてくれます

 

シムビコートも基本的には毎日定期的に使用する吸入薬ですが、パルミコートとは違い発作も抑えてくれます

定期的に使用していても、気候や体調によっては発作のような咳が起こることがありますから、そんな時に使用してもいいかどうか処方された医師に確認しておくとよいかもしれません。

 

患者様によっては、動悸や手の震えなどを起こすことがありますが、じきに改善することが多いです。しかし、日常生活に支障が出るほどの症状が出た場合は、医師や薬剤師にご相談ください。

ダウンロード
シムビコートの吸入説明用シート
シムビコートの説明文書です。
無くしてしまった方は、こちらからダウンロードして確認してください。
howto.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 698.2 KB

アドエアディスカス


喘息や長引く咳に用いられる吸入薬です。

アドエアは、「フルチカゾンプロピオン酸エステル」というステロイドに「サルメテロールキシナホ酸塩」という成分を配合したもので、シムビコートと同様に空気の通り道である気道や気管の炎症を鎮めるとともに、気管を拡げ呼吸をしやすくしてくれます

 

シムビコートと違い、発作時に使用することは認められておらず、毎日きっちりと吸入することが望ましいお薬です。使い方は、比較的簡単で、残り回数がきっちり表示されるので、安心して最後まで使えます。

 

シムビコートと同様に患者様によっては、動悸や手の震えなどを起こすことがありますが、じきに改善することが多いです。しかし、日常生活に支障が出るほどの症状が出た場合は、医師や薬剤師にご相談ください。

ダウンロード
アドエアディスカスの吸入説明用シート
アドエアディスカスの説明文書です。
無くしてしまった方は、こちらからダウンロードして確認してください。
adoair_diskus.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 240.2 KB

アドエアディスカスの吸入方法の動画(You Tube)


フルティフォームエアゾール


喘息や長引く咳に用いられる吸入薬です。

フルティフォームは、シムビコートに含まれる「フマル酸ホルモテロール」という成分とアドエアに含まれる「フルチカゾンプロピオン酸エステル」というステロイドを配合したもので、空気の通り道である気道や気管の炎症を鎮めるとともに、気管を拡げ呼吸をしやすくしてくれます

 

毎日きっちりと吸入することが望ましいお薬です。

シムビコートやアドエアと違い、薬液を霧状に噴霧したものを吸入するエアゾールです。

 

患者様によっては、動悸や手の震えなどを起こすことがありますが、じきに改善することが多いです。しかし、日常生活に支障が出るほどの症状が出た場合は、医師や薬剤師にご相談ください。

ダウンロード
フルティフォーム吸入説明用シート
無くしてしまった方は、こちらからダウンロードして確認してください。
yakutai.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 302.9 KB

リレンザ


インフルエンザの治療薬です。

「ザナミビル」という成分で、吸入することでウイルスが増えていくのを抑えてくれます。

 

インフルエンザに感染し、発症してから48時間以内に使用開始する必要があります。開始すると通常は5日間きっちり使用します。インフルエンザのウイルスを退治しきってしまうためにも、処方された日数分は全て使い切ってください。

 

吸入後うがいをする必要はありませんが、違和感があったり、口の中が気持ち悪い時などはうがいをしてもかまいません。吸入方法が多少複雑なので、かかりつけの薬剤師さんによく確認してから使用してください。

 

小児も成人も1日2回1回2ブリスターで、吸入する量や回数は同じです。

 

また、インフルエンザに感染しているときは、高熱や脱水症状などにより体力がひどく低下しています。必要以上に強く吸引したり、長く息止めをすると失神/転倒などをおこし、思わぬ怪我をする場合があるので、できるかぎりいすなどに腰掛けてリラックスした態勢で吸入を行うようにしてください。

 

説明用シートや動画を見てもどうもわからないなというときは、くるみ薬局の薬剤師にお気軽にお尋ねください。

ダウンロード
リレンザの吸入説明用シート
リレンザの説明文書です。
無くしてしまった方は、こちらからダウンロードして確認してください。
リレンザ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.5 MB

リレンザの吸入方法の動画(You Tube)


イナビル


インフルエンザの治療薬です。

「ラミナビル」という成分で、吸入することでウイルスが増えていくのを抑えてくれます。

 

インフルエンザに感染し、発症してから48時間以内に使用開始する必要があります。1回使い切りの吸入薬で、吸入すると約5日間効果が持続します。くるみ薬局では、万が一、吸入方法に間違いがあるといけませんので、処方されたイナビルは薬剤師の指導のもと、その場で吸入をしていただいております。1回吸入ですので、その後吸入し忘れることはありません。

 

10歳未満の小児では1回2吸入(吸入容器1個)、11歳以上の小児及び成人は1回4吸入(吸入容器2個)です。

 

 

ダウンロード
イナビル吸入説明用シート
イナビルの説明文書です。
無くしてしまった方は、こちらからダウンロードして確認してください。
イナビル.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 884.8 KB

イナビルの吸入方法の動画(You Tube)


Loading