ラズベリーリーフ


妊婦さんに最適!!ヨーロッパキイチゴの葉。

 

 

 

バラ科

Rubus idaeus

英名:Raspberry leaf

和名:ヨーロッパキイチゴ、エゾイチゴ

  • ヨーロッパ、北アジアに自生。    
  • ほのかにフランボワーズの香りのする葉のハーブティーは「安産のお茶」として知られている。
  • 月経痛や月経前症候群(PMS)の予防や緩和に用いられることがある。
  • 妊娠初期には適さない。

ラベンダー


人気の高い香りが、気分を落ち着かせてくれる。ハーバルライフには欠かせないハーブの代表格

 

 

 

シソ科

Lavandula ongustifolia

英名:Lavender

和名:-

  • 地中海沿岸地方原産の多年草。
  • 色は紫だけでなく濃紫色、淡青色、桃色、白などがある。
  • 花と茎葉など全草に人気の高い芳香成分を含んでいる。
  • ラベンダーの香りは「神経を鎮静化する」効力があるとされるが、近年その効能が確認された。
  • 頭痛、めまいに良いとされる。
  • コモンラベンダー(イングリッシュラベンダー)、フレンチラベンダー、フリンジラベンダーなどの種類がある。
  • 殺菌作用があるので風邪や細菌感染の予防など、免疫力を高める働きや、デオドラント効果や消毒作用などの効果があるとされる。
  • 筋肉のこりや捻挫などの痛みを取り除く働きがあるとされる。
  • 呼吸器疾患やさらに心臓を鎮静化する作用により、血圧を下げ心拍を安定化するといわれている。

ラベンダーの仲間


ルイボス


 

 

 

マメ科

Aspalathus linearis 

英名:Rooibos

和名:ルイボス

  • アフリカ南部に自生する。
  • フラボノイドが多く含まれ、その抗酸化作用はビタミンC以上と言われる。
  • ミネラル・抗酸化性物質の豊富な含有量による老化を抑制する効果や、抗アレルギ-効果に注目されている。
  • 乳幼児に多いアレルギ-性体質による下痢、その他食欲不振および皮膚病(アトピ-性皮膚炎)などにも効果があるといわれている。
  • 脂肪吸を抑制する効果が強く、体内の脂肪を排出するサポーター的働きがあると言われており、抗酸化作用により LDL(悪玉)コレステロ一ルが酸化されることを防ぐとの報告もある。

ローズ


花の女王と呼ばれ、身近で使い勝手の良いハーブ。

 

 

 

バラ科

Rosa gallica officinalis

英名:Rosered、Rosepink

和名:薔薇

  • ハーブとして用いられるのは、「オールドローズ」と呼ばれる原種もしくはそれに近いバラ。
  • 利用法
    • 乾燥させた花弁でハーブティーを淹れる。
    • 鎮静、便秘解消、安眠に良いとされる。
  • ローズ・ダマスク、ローズ・センティフォーリア、ローズ・アルバなどがハーブ用としてよく使われる。

ローズの仲間


ローズヒップ


 

 

 

バラ科

Rosa canina

英名:Rose Hip

和名:犬薔薇、ヨーロッパノイバラ

  • 北半球に分布する落葉低木。
  • 観賞用の薔薇とは区別されている。
  • 使用するのはローズヒップの実。
  • 海外では、皮膚病ややけどなどの治療薬として用いられている。
  • フラボノイド配糖体、ルチン、ケルセチン、リコピン、ビタミンC、鉄、カルシュウム、ビタミンA、βーカロチン、ビタミンB1・B2などが含まれるが、特にビタミンCが豊富。
  • 美白効果があるとされ、コラーゲンなどと一緒に摂るとコラーゲンの吸収が10倍近くUPするといわれている。

ローズマリー


健胃・食欲昂進に良いとされる、日本でもおなじみのハーブ。

 

 

 

シソ科

Rosemarinus officinalis

英名:Rosemary

和名:マンネンロウ

  • 地中海沿岸地方原産の高さ50~120㎝くらいになる常緑低木。
  • 属名のロスマリヌスのロスは露、マリンは海という意味。
  • 精油成分・・・カンフェン、シネオール、フラボン配糖体、ロスマリン酸、α-ピネン
  • 利用法
    • ヨーロッパでは健胃、食欲昂進の効果があるとされていた。
    • 現在は、香料の原料とされている。
    • 山羊や羊の肉料理やスープ、シチューなどに使用される
    • ポプリ、浴場料にも用いられる。
  • 立性タイプ、ほふくタイプとその間の中間タイプがある。
    • 立性タイプ:トスカナ・ブルー、ミス・ジェサップ、アルプなど。日本で栽培されているものの多くはこれにあたる。
    • ほふくタイプ:プロストラータム、サンタバーバラなど
    • 中間タイプ:ウッドローズマリー、ブルーボーイなど
  • 良いとされている作用
    • 肌を引き締めて、むくみをとる
    • 集中力を高める
    • 筋肉の痛みや貧血の緩和

ローズマリーの仲間


Loading